『ワイルドサイドをほっつき歩け』(筑摩書房)/ブレイディみかこさんに聞く

英国庶民たちの生活讃歌!名曲にのせて描く「おっさん」たちの日常 6月初旬刊行のブレイディみかこさんによる待望の新刊『ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち』は、イギリスの労働者階級の「おっさん」たちを描いたルポルタージュ・エッセイだ。EU離脱(ブレグジット)や緊縮財政などによる家族との不和や離婚、肥満や飲酒などの健康事情や生活習慣など、「おっさん」たちのリアルな日常や悲哀を、ユーモアを…続き

NetGalleyがくすのきしげのりさんとコラボ!

 | # 2020年6月2日

おうち時間応援キャンペーン開始!「紙の本」をもっと読んでもらうために 自粛要請などの影響で、実際に本を手に取る機会が激減する中、「電子ゲラは紙の本に触れるきっかけ作り」という企画主旨のもと、多くの書店員、司書の方々に作品をまず知ってもらおうと、児童文学作家のくすのりしげのりさんと、NetGalley(ネットギャリー)のコラボ企画「おうち時間応援キャンペーン」が始動! 11社の出版社から協力を仰ぎ、Net…続き

『「脳コワさん」支援ガイド』(医学書院)/編集者白石正明氏に聞く

 | # 2020年5月29日

“専門”と“非専門”の中間狙う シリーズ「ケアをひらく」医書といえば専門書のなかでもとりわけ高額で難解なイメージが強く、一般書店ではなかなか扱いにくい。そんな医書を出版する老舗 の医学書院が 20 年にわたって刊行を続ける「ケアをひらく」は、一般書売場や話題書コーナーにも並ぶ異色のシリーズだ。 5月中旬には 『脳が壊れた』(新潮新書)などで注目を集めた鈴木大介氏による最新刊『「脳コワさん」支援ガイド』の…続き

第7回 料理レシピ本大賞 書店選考委員が レシピ本の魅力を語る!

2020年5月29日

 今回で7回目を迎える料理レシピ本大賞。昨年の料理部門大賞を受賞した『世界一美味しい手抜きごはん』(KADOKAWA)が各メディアで取り上げられたこと、またハウス食品と朝日新聞社を公式スポンサーに迎えたことも大きな追い風となり、今年はさらなる躍進の年となる。 今回もメディアドゥが提供するゲラ読みサービス「NetGalley」で、全エントリー作品を読むことができる。また今年1月から書店選考委員の募集も開始。パ…続き