『土の中の生き物たちのはなし』 朝倉書店

A5判/180㌻/定価3300円

 

楽しみながら学べる人気シリーズ最新刊

 本書で取り上げる土壌動物とはミミズやヤスデ、ダニ、トビムシなどのことです。

 苦手な人もいるでしょうが、中には小さくてかわいいのもいることに気づく人もいるはず。彼ら実は生態系を下支えし、人間にも役立っています。

 本書を通して、その彼らの世界の基本から教育プログラムへの活用例や採集方法、系統樹の作り方まで、楽しみながら知ることができます。 2019年刊で好評の『土の中の美しい生き物たち』とあわせてぜひご覧ください。

(編集部 小野雅孝)