書籍紹介

講談社『此の世の果ての殺人』×NetGalley 滅びゆく世界の謎を解き明かす、本格ミステリーSF

# #9月6日

第68回江戸川乱歩賞、史上最年少の受賞作!【内容紹介】日本に小惑星「テロス」が衝突することが発表され、大混乱に陥る世界。そんなパニックをよそに、主人公・小春は無法地帯と化した太宰府で小さな夢を叶えるため、淡々とひとり自動車の教習を受け続けている。そして年末、小春はある教習車のトランクを開け、滅多刺しにされた女性の死体を発見する。元刑事の女性教官・イサガワとともに、滅びゆく世界に残された…続き

『ジーニアス英和辞典[第6版]』 大修館書店

#9月5日

8年ぶりの全面改訂多数の増補、コラム新設 英和辞典で長年トップシェアを誇る『ジーニアス英和辞典』が8年ぶりに全面改訂し、[第6版]として今秋、刊行されます。 装丁は、代々続いてきた黒を踏襲しつつ、「G6」(『ジーニアス英和辞典 第6版』の略)の字をモチーフにした青い模様をあしらいました。内容も、最新の研究成果をふまえてブラッシュアップしております。新しい語句を多数増補し、新設のコラムな…続き

『地図帳の深読み 鉄道編』 帝国書院

#8月2日

 単なる雑学本にはない、奥深さを追求 ほぼ全国民が、好きでも嫌いでも手に取ったはずの「学校用の地図帳」。そんな世紀のベストセラーをもう一度ひも解くと、学生時代には見えなかった事象がいくつも見られるはずです。普段から地図に見慣れた弊社社員では当たり前のことも、意外と一般読者の方々は知らないもの。 『地図帳の深読みシリーズ』は、そんな一般読者の方々を対象に、軽妙な筆致で人気の地図…続き

『夏井いつきの「今日から一句」』 第三文明社

#8月2日

「俳筋力」で俳句の理解を進める 俳人・夏井いつきが、季語を提示して募集した「読者の投句」を批評しながら、俳句づくりのイロハから伝授する。 本書は、「俳句は筋トレと同じで、続けていけばいくほど間違いなく筋力はついてきます。それを私たちは『俳筋力』と呼んでいますが、身についた筋肉は人を裏切りません。『継続は力なり』とは、まさに俳句修業そのものを言い表す言葉です」とのコンセプトで、投句者の作品を…続き

第三文明社 注文書のサムネイル