企画特集一覧

【特集】読者が選ぶビジネス書グランプリ2020

3月5日

今回で5回目を迎える、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」(主催:グロービス経営大学院/フライヤー)。主催社フライヤーの大賀康史代表が、授賞式で語ったように、今回、総合グランプリ『FACTFULNESS』、リベラルアーツ部門『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』など、「多様性の理解」をテーマにしたラインアップが特徴だ。人種の違い、立場の違い、主義・思想の違い、それぞれが抱える問題…続き

【企画特集】2020年本屋大賞ノミネート作品

2月7日

常連作家の作品や直木賞受賞作など、多彩なラインアップとなった本屋大賞ノミネート作品。今回、作品への思いや作家とのエピソードについて、それぞれの担当編集者に寄稿いただいた。『店長がバカすぎて』(早見 和真/角川春樹事務所)  「書店を舞台に、書店員を主人公に、しかもコメディを書くのがホントにこわい」。連載開始前、早見さんがずっとおっしゃっていたのを覚えています。その恐怖を打…続き

【特集】丸善丸の内本店で大好評!SDGsフェア特集

1月10日

「SDGs」とは、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」を意味し、2030年までに「貧困ゼロ」や「気候変動対策」など17の目標を掲げる国際的な行動指針を指す。10月1日より、東京・千代田区の丸善丸の内本店1階で大型フェアを開催。売上上位のタイトルで、週単位で50~60冊を売り上げ、その反響は丸善ジュンク堂書店グループの他店にも及んでいる。当店では好調な実績を受け、2020年1月末までフ…続き

【特集】「プレゼントに学習マンガを!」

12月5日

ハロウィンも終わり、11月からクリスマス・年末年始商戦に乗り出す書店も多いだろう。そこで今回、プレゼント・ギフト需要を見込み、子ども向けの人気学習マンガシリーズ6点を紹介する。映画化やキャンペーンなど、各社それぞれの方法で話題をつくり、書店への誘引、販売促進に注力する。ぜひおすすめのギフト商材として参考にしてほしい。「科学漫画サバイバル」シリーズ(朝日新聞出版)人気No.1学習マンガシリー…続き

【特集】ビジネスに使えるアスリート本 ~ビジネスはアスリートに学べ~

12月4日

厳しいスポーツの世界で、数々の栄光を手にしたトップアスリートたちその勝利、栄光を手にするために、彼らはどう考え、どう動いたのか彼らの言葉は、金言に満ちているそれはビジネスでも必ずや何かの指針となるはずだ『オールブラックス圧倒的勝利のマインドセット』(今泉清/学研プラス)日本ラグビー界のレジェンドが語る世界最強チームの勝利に導く思考法 本書は、世界最強と名高い「オールブラックス」ことラグ…続き

【特集】「10代の君たちに贈る“生きる”本」

11月1日

2017年夏にマガジンハウスが刊行した『君たちはどう生きるか』は、漫画版と小説版を合わせて、累計267万部突破を記録した。昨今の出版業界において、これほどまでにエポックメイキングな話題を提供した書籍も珍しい。同時にこの本が、「10代や若者への生き方・指針となる書籍」の市場に、光を当てたとも言えるのではないだろうか。今回、とりあげる5点もまた、コンセプトや著者、切り口は違えども、そこには若者たちが生…続き